「発達障害の症状なんて誰でも(健常者と)同じだよ」じゃない!

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

発達障害の特性の話をすると、「誰でも同じだよ」と言われる。

例えば、
「複数同時作業が苦手」→「そんなん、誰でも苦手やで」と言われる

違う〜〜〜
そうじゃない〜〜〜

苦手さの度合いが違う

「そんなの、誰でも同じだよ」と、よく返される。
でもそれは違う。
症状の度合いが、極端に大きいのだ

たとえば「複数同時が苦手」という症状で例えよう。

台所で、やかんでお茶を沸かしながら、他の簡単な作業(三角コーナーのゴミを捨てる、古いお茶を捨てるなど)をしていると、十中八九でやかんを吹きこぼしてしまうのだ。

やかんの吹きこぼしですよ?
ちょくちょく見ておけば防げるじゃないですか?

しかも、何回やっても慣れることができない。
何度やっても、必ずと言っていいほど吹きこぼしてしまう。
「慣れる」ということがないのだ。

こんな簡単な同時並行が無理なら、仕事となるとさらに無理というわけだ。

「苦手」ではなく「そもそも無理」

そもそも「苦手」なのではなく、

「複数同時並行の作業ができない」

のだ。
健常者の皆さんは混乱しながらでもなんとか、なんとかやってのけているのではないかと思う。

しかし僕らは「まったく無理」なのだ。
すべて失敗する。

「急な予定変更」があると混乱する

「そんなん誰でも混乱するやろう」

こんな声が聞こえてきそうだ。

でもそれは違う。
これも混乱の程度が違うのだ。

たとえば、午前にお出かけの用事があったとする。
それが急きょ午後からのお出かけに変更になった。
これだけで混乱し、体調不良に陥るのだ。

単に「混乱」するのではなく、「体調不良に陥ることすらある」のだ。

とにかく、しんどさの「程度」が違う

まあ、こちらの話し方が悪いのかもしれないが、症状が発生するときにおける「しんどさ」の「程度」が普通の人よりも大きいのだ。

だから、発達障害の当事者から話を聞いたときは、

「複数同時並行がほんまにしんどいんやな」
「予定変更がたまらんくらいしんどいんやな」

と受け取ってほしい。

「誰でも同じ」と言わないで!

「そんなの誰でも同じだよ」と言われると、当事者は傷つくのだ。

障害であることをわかってほしいのに、「それは障害じゃないよ。あなたは障害者じゃない」と言われているようなものである。

一見励ましているように思われるかもしれないが、障害であることを認めてくれないのは、当事者にとってはショックなことなのだ。

健常者の方々にお願いしたい。
発達障害やその他の障害者から、「僕、障害者なんや」と言われたときは、「そうなんやね」と受け止めてほしい。

受け止めてくれるだけでいい。
特にアドバイスはいらない。

受け止めてくれるだけで、こちらの心はほっとする。

決して「みんな同じ」じゃない。
このことをみなさんに知ってほしいと、僕は思う。

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)