就労移行支援日誌:マンネリ化

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

マンネリ化してきたのかな。。。。( ̄◇ ̄;)

就労移行支援に通うのがしんどくなってきた(汗)

日々、緊張しながらの通所。
通い始めて1年、ここで就労移行支援の訓練が辛くなってきた。

◯意味不明な「緊張」の症状

日々、緊張し、汗をかきながらの通所
よくわからないのだが、そんな症状が出始めた。

たとえば午前には清掃訓練(清掃をみんなですることで、仕事をするにあたって必要な「チーム連携」の訓練をしていく)をするのだが、ぶっちゃけ、ただ清掃をするだけである。
雑巾がけやモップがけ、トイレ清掃まである。

しかし、ただの清掃だ。
それに緊張するというのは、なぜなのかよくわからなかった

また、週一のペースで清掃のリーダーに当たることもある。
これはちょっと緊張するかもしれないが、いつもやることは同じ、何回かやったらもう慣れてしまうはず。

しかし、リーダーをやっている時は大量に汗をかくのだ( ̄◇ ̄;;;;;;;;;;;)
もうそりゃ、緊張してるのなんのって(汗)

緊張は、午後のプログラムを受けている時にもあった。

◯「緊張」の正体は。。。

どうも、日々の就労移行がマンネリ化してきているように思えてならない。

通所を始めて1年、延々と清掃訓練やプログラム受講を続けているわけだ。

ずっと同じことを繰り返しているためか、なかなか就職が決まらないためなのか、だんだんとモチベーションが下がってきているように思える。

僕は以前、仕事へのモチベーションが下がってきた時に、緊張して汗をかくようになってきたことがかつてあった

◯つづく(笑)

いつ終わるともしれない清掃訓練とプログラム受講。
延々と続けば、モチベーションが下がってくるのも、ある意味当然かもしれない。

さて、この壁をどうやって乗り越えるのか、続きはまた後日。。。

(続き):対人緊張で就労移行支援に通うのが辛いときはどう対処すべきか

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)