ぼくが思う幸せのカタチ

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

「幸せ」って、一体なんだろう?
いろいろあると思う。
人によっても違うだろう。

決して正解ではないが、ぼくが思っている「幸せ」についてつづってみたいと思います( ̄。 ̄)

今あるものに感謝できること

僕の中では、「今あるものに感謝できること」が、「幸せ」なのかなと思っている。

参考記事:「いつでもどこでも感謝の気持ちになれる方法」

あくまでも僕の考えだよ( ̄。 ̄)
それに、僕も実践できているわけじゃない。

「今あるもの」っていうのは、その言葉通り、今自分が持っているもの、今自分の身の回りにあるもののことを言うよ。

今自分が持っているもの、たとえば服、時計、パソコン、携帯/スマホ、カバン、自転車、手袋、マフラー、Tシャツ。。。

今自分の身の回りにあるもの、たとえば家、お風呂、トイレ、自分のお部屋、仕事、学校、友達、。。。

あって当たり前、となってしまっているけど、決してこれは当たり前じゃない( ̄  ̄)

これらがもし今急になくなったら、どれだけ不便になるだろう。どれだけさみしくなるだろう。

そう思えば、「今あるもの」があることって、すごく幸せなんではないかと思う( ̄。 ̄)

不幸な状況でも、やはり幸せ

このことは、仮に不幸な状況であっても変わらないと思う。

たとえば僕は現在、彼女はいなくて、仕事が無くて、お金がなくて、健康をも失っている状態。

でも、先ほど言った、「今あること」はほとんど(仕事以外)持っている。

だから、悩みはあっても、いまは幸せなのかもしれないね(^^)

好きなコンピューターや自転車は心行くまで楽しめる。
何でも打ち明けられる親友がいる。
悩み事を何でも相談できる人がいる。
日常困ること無く温かいご飯が食べられて、あったかいお風呂もある。暖かい布団もある。

何気ないことが、ほんとに「幸せ」なのかな、と思う。

でも悩みはある

そんな「幸せ」があると言っても、やはりかなえたいと思うことはあるだろう。

就職したいのは事実だし、結婚もやがてはしたいと思うだろう。

ここで肝心なのは、「悩みにフタをする」ことはない、ということ。

辛いこと悲しいことはなくならない。
悩みの無い人生は無い。

しかし「悩み」がある中でも、「幸せ」はあるということに気づいてほしい。

そんなたくさんの小さな幸せ。
僕も、もっと気づいていけるようにしていこうと日々、努力してます(^ω^)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)