就労移行日誌:はじめての職場実習「顔合わせ」

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

最近は就労支援が忙しくて、なかなかブログが更新できてないが、ボチボチやっていくつもり( ̄。 ̄)

うちの事業所では、「職場実習」なるものがあり、実際の企業に出向いて、実習をしながら障害をカバーする訓練をするのだ。

実習に先立って、実習先にご挨拶を兼ねて顔合わせに行ったので、その時のことをレポートしまする( ̄。 ̄)

実習先から実習内容の説明

まず実習先からは、実習内容のご説明がある
ちなみに今回は、Microsoft Accessでとある顧客テーブルの更新作業をすることになった。

コンピューターの得意な僕にはもってこいの実習( ̄〜 ̄)

しかしこれは、コンピューターの訓練ではなく、障害をカバーするための訓練であることに注意しなければいけない。

コンピューターの仕事をする上で、ミスになる部分をカバーする訓練をしていくのだ。

障害特性の説明

次に僕の方から、勤務可能な曜日と、自分の障害について説明した。

いきなりフルタイム実習は体力的に負担がかかるので、少ない日数/時間から初めて徐々に増やしていく

次に自分の障害特性について説明
障害のために支障のあることで、自分が配慮すること、実習先に配慮してもらいたいことを伝える。

自分が配慮することとは、例えば
「口頭での質問がうまくできないことがあるので、メモに箇条書きに書いてお見せします

実習先に配慮してもらいたいことは、例えば、
「会話を聞き取れないことがあり、聞き返すことがありますがご容赦ください

といったことである。

ここで重要なのは「自分も障害に配慮すること」
企業側に何でもしてもらうのではなく、自分も障害をカバーするために、できるだけのことをするのだ
このことを、実習で訓練していくわけだね( ̄。 ̄)

職場の雰囲気は。。

あとは、実習先から職場の雰囲気を聞いたり雑談も少ししたり。

雑談は大切だ
その実習先の人となりが分かるし、職場の雰囲気とかもつかめる。

物腰柔らかい方々で、実習も楽しくやれそうな雰囲気だった。

顔見せ、無事終了!

てなわけで、顔見せは無事終了。

大好きなコンピューターの実習。
実習開始のその日が楽しみだ。

てなわけで(笑)、追って実習の模様をまたレポートしまするる( ̄。 ̄)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)