PCインストラクターは発達障害に向いているか?

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

PCインストラクターは、文字通りパソコンを教えるインストラクターのお仕事。今回も例のごとく、僕の経験をもとにお話ししまする( ̄。 ̄)

僕がやってたのは、女子校および女子大での、PC教室のサブインストラクター

サブインストラクターとわ?

学校でのPCの授業なんだから、メインのインストラクターは情報科の先生が受け持つことになる。

ほんで僕がやってたサブインストラクターは、いわゆる授業補助といわれるもので、学生の個別の質問や、PCのトラブルに対応したりするものなんやね。

そのほか、プリンターの紙を補充したり、プロジェクターの電源入れたり、あらかじめ教材データの準備をしておくとか。。

で、向いてるの?(・ω・)

コミニュケーションの問題がなければ向いていると思われる。

僕は中学高校で4年、大学で3年勤め上げた。

僕もコミニュケーションには、発達障害によるものと、女性に対する幼少のトラウマがあるが、以下の記事に書かれてるように、この女子校に勤めることでトラウマが和らいだのかと思われる

参考記事:僕はこうやって、コミュニケーション力を身につけた

あと、サブインストラクターとはいえ、たまに教壇に立って一部のPCの操作などを説明することがある。

これはさすがに緊張する。女子校生40人の前で、である( ̄◇ ̄;)
僕はこのとき、自分がまさにやりたい仕事だったのでモチベーションMAXだったためか、やる気の方が緊張を上回っていた

他に、サブインストラクターではいわゆる「質問攻め」にあうことがある( ̄◇ ̄;)
中高生相手ではそりゃもうすごい人数が一気に「せんせー!せんせー!」と手を挙げてくる(笑)

複数同時並行ではあるが、やってる内容が皆同じだからからなのか、混乱することはなかった

まとめます(笑)

というわけで、学校でのPCサブインストラクターはオススメである。
何せ学校なので楽しい。
自分もまるで学校に登校しているようで、しかも好きなPCの仕事だから楽しかった。

また、生徒のみんなは向こうからどんどん話しかけてくれるので、個別のコミニュケーションに困ることもあまりなかったように思う

なかなか倍率というか、学校という企業の数が少ないので入れるチャンスは少ないが、オススメのお仕事である。

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)