学内(社内)SEの仕事は発達障害に向いているか?

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

僕はかつて、某女子大にて学内(社内)SEの仕事をしていた。

この仕事が発達障害に向いているか、僕の経験談を交えてお話しするよ( ̄。 ̄)

学内(社内)SEとわ?

本来、転職サイトなどでは「社内SE」と表記するんだけど、僕は大学で勤めていたので「学内SE」と表記することになる(以下、学内SE)。

学内SEとは、大学(学校)直接雇用のSEで、大学内のコンピューターシステム(教職員PCや学生の使う情報処理演習室PC、サーバー、ネットワーク設備)を管理するSEのことを指す。

また、管理だけでなく、大学内の情報システムのセキュリティーやそのほかの基本方針などの決定にも関わったりする

僕がやっていた仕事

僕が大学でしていたのは、学内SEでもいわば下流行程の仕事かな。

  • 情報処理演習室PCのメンテナンス
  • 教職員PCのメンテナンス
  • 学内サーバーのメンテナンス
  • 学内ネットワーク設備のメンテナンス
  • 教職員向けヘルプデスク

この仕事はとてもやりやすく、大変おもしろかった。
7年間も勤めたので、発達障害の僕でも勤めることができたといえる。

学内SEは発達障害に向いている?

これは一言ではちょっと言いにくい。
職場の環境によって、向き不向きが変わるかもしれない。
環境というか、大学によって違うかもしれない
(あくまでも予測。他大学にはほとんど勤めたことがないので)

そう思う要素は、以下にある。
僕の勤めた大学は、

  • 文系の女子大(情報系の大学ではない)
  • 規模の小さい大学で、仕事がマイペースでできた
  • 下流行程の仕事をしていた

ということで、
「下流行程の仕事で忙しくなく、マイペースで仕事を進めることができた」
ので、発達障害の僕でも勤まったのかもしれない。

発達障害は下流行程の仕事が得意(小さくものを見るのが得意)。
お城に例えると石垣とかを積み上げる仕事。城の設計ではない。
1つの作業に専念すればいい。

マイペースというのも良かったと思う。
マイペースなら、複数の仕事を同時に進めなくてもやって行ける

ちなみになんで辞めたの?

状況が急変したのだ。

学生数が激減し、当時いた上司の先生2人が、パワハラによるリストラで辞めさせられ、すべての仕事が僕に降り掛かってきた
上流行程の仕事をすることを急に余儀なくされたのだ。

そのことがあまりにもプレッシャーが大きすぎて、当時ひどかったうつがさらに悪化、もう無理と判断し、その場を脱出した。

というわけで。。

学内SEは上記に説明した通り、環境によっては発達障害でもこなせるといえる

特に大学は、民間企業と違って仕事のペースがゆっくり
むちゃくちゃな長時間労働もない(情報系の大学ならどうなのか不明)。
学校は、対人関係も非常に良い
めんどくさい宴会なんてないし、わずかの定例宴会(忘年会とか)でもお酒を無理矢理飲まされるとかなんてまったくなかった。

参考記事:僕が学校法人に就職したい6つの理由

なかなか大学は狭き門だが、またご縁があれば勤めてみたいと思う。

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)