プログラマーのお仕事は発達障害に向いているか?

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

僕はかつて、新卒で勤めたITの会社で、プログラマーとして働いていた事があった。

そんなわけで、僕の経験も交えて、プログラマーが発達障害に向いているかどうかお話しするよ( ̄。 ̄)

プログラマーとわ?

プログラマーとは、SEなどが作成したプログラム仕様書に書かれた内容に沿って、プログラム(ソフトウェア)を作る(プログラミングする)仕事

ソフトウェア開発では下流工程にあたる。

プログラミング以外に、既存のプログラムの改修、バグ修正、テスト、デバッグなども行う。

で、向いてるの?

で、結論を言うと、プログラマーは発達障害に向いていると思われる。

その理由は、

  • 同時に1つの作業しか行わない
  • 対人コミュニケーションをほとんど伴わない
  • 数字の羅列や一定の法則などかある
  • 発達障害の強み「過集中」を活かせる

かな( ̄。 ̄)

発達障害が苦手な複数同時並行の作業がない
それに、苦手なコミュニケーションもほとんどない。SEからプログラム仕様の指示を受けるだけ。

後はコンピューターに張り付いて、ひたすら虫になってキーボードをカタカタ打ち続けるのだ( ̄。 ̄)

数字の羅列や一定の法則と言うのも発達障害は好き

プログラマーの仕事は、1日に12時間(もちろん休憩はする)コードを打ち続けることもあるが、ここで発達障害の「過集中」も活躍する
「過集中」があれば、12時間なんてへっちゃらだよ( ̄。 ̄)

僕の経験則

仕事的にはとてもやりやすかった

とにかく、一日中だれとも話さず、コンピューターやワークステーションに向かってひたすらソースコードを打ってればいいので、発達障害の僕でも支障なくこなせたわけだ。

それに、基本まかされたプログラム1つのソースコードをひたすらのんべんだらりと打ち込んでいたので、複数同時並行の作業がなかった

しかし懐かしいね〜
僕もひたすら、コーシー飲みながら虫のようになってプログラムを組んだり、デバッガーを使ってひたすらバグ取りをしたもんだ( ̄。 ̄)

あと、数字の羅列や一定の法則も、そういうのがやたら楽しかったのを思い出すな〜〜〜

体力的にはハード

ただしプログラマーはハード
毎日数時間の残業、たまに休日出勤。
繁忙期にはそれがひどくなり、さらに徹夜が入ることも。

このことは僕にはこたえた。
「ハード」であることが、僕には向いていなかった
プログラマーを辞めた要因の1つだ。

まあそれはさておき。。。

ハードでしんどかったのはあくまでも僕個人の話
だれもがしんどいと感じるとは限らない。

プログラマーという職種自体は、発達障害にはとても向いていると言える。

ハードといえば、「障害者雇用枠」で働くとなれば、合理的配慮で残業時間を少なくとかしてもらえるのかな。。。
(最も、障害者雇用枠でつとめたことがないから不明だけど。。)

プログラマーのお仕事を検討されている発達障害の方は、良かったら参考にしてくださいな( ̄。 ̄)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)