答えたくない質問をかわす4つの方法

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

こんにちは( ̄。 ̄)

先日就労移行支援で、答えたくないプライベートな質問をされた時の対応方法を教わったよ。

「給料いくら?」みたいな、答えるのを嫌がると心象を悪くするような質問をされたときに、それをどうかわすかの方法を紹介します ( ̄。 ̄) 。

答えたくないことを聞いてくる人はいる

「給料いくら?」
「彼氏/彼女いるの?」
「結婚してるの?」

こういう、プライベートなことを聞いてくる人がいる

こういったことは本来聞くべきではないことだが、社会生活においては聞いてくる人がいるのも現実だ。

かといって「答えたくない(`▲´)」なんて怒ると、相手が上司だったり先輩だったりすると、非常に感じが悪くなるし、社会人としてはよい対応とはいえない

かといって正直に答える必要はない
たとえ相手が上司であろうと、仕事と関係のない、かつプライベートなことは答える義務はないのだ。

返し方のポイント

ではどう返せばいいか?
ポイントを3つ挙げます ( ̄。 ̄)

どのような場合でも言い方は柔らかく

聞かれて「ムカッ」と来たときでも、顔には出さず柔らかく返事を返すようにする。

あいまいな返事でもかまわない

プライベートなことなので正直に答える必要はない。
あいまいに返してお茶を濁しましょう(笑)

聞き続けなければならないときもあるので、そのときは沈黙

あいまいな返事をしてかわしても、さらに突っ込んでくる人はいるので、そういう時は黙って返事をしないことで、相手に「答えたくない」という気持ちを無言で伝えるというのも1つの手。

返し方4つのテクニック

このポイントを踏まえたうえで、やんわりとかわす方法を4つ紹介するよ ( ̄。 ̄)

1.ユーモアでごまかす

あくまでもにっこり笑いながら、ユーモアで「言いたくないです」という意思を伝える。

あくまでも、にっこり笑いながら答えるのがツボ ( ̄。 ̄)

「内緒です(^^)」
「ご想像にお任せします(^^)」
「う~ん、難しい質問ですね~(^^)」

無表情に言ってしまうと、けんかを売っている様にも聞こえるので注意(^^;)

2.話題を転換してごまかす

ユーモアでごまかすのが難しければ、話題をそらすというのも手。

「あ、そういえばあの〇〇の件、どうなりました?」
「ところで~、。。。」

3.質問をうやむやにする

うやむやに答えて、打ち切りたい気持ちを表す

「う~ん、どうなんでしょうね~(^^)」
「いやあ、自慢できるほどの額はもらってませんよ~(^^)」
「生活できるだけの額はもらえてます。ありがたいです~(^^)」

4.沈黙

沈黙することで、相手にその旨を伝える
積極的に相づちを打たないとか、困ったなぁという表情をするなど。

具体例

僕が実際に聞かれたことがあることをもとに、具体例を書いてみます( ̄。 ̄)

相手「給料いくら?」
僕「う~ん、ご想像にお任せします(^^)」
相手「結構もらってるンちゃうんけ?」
僕「いや~~、そんなに自慢できるほどの額じゃないですよ」
相手「もったいつけてからに、いくらやって聞いてんねん」
僕「う~~ん(困ったような顔をする)」

まとめっ

僕もいままで社会生活をしていて、このような困った質問をされたことは多くあったが、上手くかわせずに正直に答えてしまったり不快な感情をあらわにしてしまったこともあった

やはりどんな人とも円滑にコミュニケーションをとっていくために、上記のような対処法は大事だと思うし、自分自身も余計なストレスを抱えなくてすむと思った

みなさんも、困った質問をされた時は、にこ~~~~~っと笑って、上手くお茶を濁してかわしてください(笑)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)