気が散って、1つの作業に集中できない時の対処法(Mac/iPhoneを活用)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

ある作業をしているのに、目についた横にある別の作業に目がいってしまい、気がついたら全然違うことをしていた、なんてありませんか?

これも発達障害の症状なんです( ̄ω ̄;)

僕にもあるこの症状、事例を交えてお話ししようかな( ̄ω ̄;)

どんどん違う作業に目がいってしまう

この症状はADHDの「不注意」という項目の症状
ある1つの作業をしているときに、気が散って別のことに気がいってしまい、本来していた作業をほったらかしにしてしまう。

そんで、そうしているうちにまた別のことに気が行ってしまい、今やっていたことをほったらかす。

ということを何度も繰り返して( ̄ω ̄;)、振り返ったら何1つできていなかったという結果だけが残っているという。。。( ̄ω ̄;)

このブログを書いているときも。。。

実はこのブログを書いているときも、気を散らしながら書いている( ̄◇ ̄;)

書いている途中に、Facebookがふと気になりブラウザーを開く。

Facebookを見ている間に急にニュースが読みたくなり、Yahoo!ニュースのサイトを見に行く。

ニュースを読んでいたら「あ、友達のメールの返事を忘れていた」とスマホを開く。

ほんでその次には、PC机にあるプリンターを眺めて「あ〜いいプリンター買ったなぁ」と、プリンターの電源を入れて何となく設定をいぢり出す。

。。。

とまあこんな感じで、ブログの記事を1つ書くのにも四苦八苦なのだ( ̄ω ̄;)

気がついて、慌ててブログの執筆に自分を引き戻すんだけど、書いているうちにまた別のことに気が行ってしまう( ̄ω ̄;)

効率が悪い!

まさにこんな状況だと、それぞれのことをちょっとずつやっているだけで何にもならないし、ブログの記事がいつまでたっても書けない

ちなみにこの症状、「こだわり」があって「過集中」になっている場合でも起こる
僕はコンピューターのことでは「過集中」になるが、上記のように、「コンピューター」の「いろんな作業/事柄」でどんどん気が散って行ってしまうのだ( ̄ω ̄;)

まさにこの顔文字が今の心境に当てはまる→( ̄ω ̄;)

対策

さて、僕もなかなかこの症状に振り回されているが、あれこれと苦肉の対策を考えてみた。

リマインダーでパソコン画面/スマホに表示する

僕はMac/iPhoneを使用しているので、これの「リマインダー」という機能で、画面に定期的に今やっている作業を表示するようにしている

こうしておけば、ついつい別のことに気を取られていても、MacとiPhone両方に、

「ブログ原稿」

といった通知が出るので、気がついて元の作業に戻ることができる。

定期的に表示されるので、また気が散ってしまっても気がつくことができる。

何より便利なのは、一度の設定で、MacとiPhone両方に表示されることだ。クラウドベースのサービスなので、MacかiPhoneどっちかで1回だけ設定すれば、両方に表示してくれる。

設定のポイントとしては、

「現時刻より数分後の時間を設定」

すること。
「数分後」以降、Mac/iPhone(iPhoneはロック画面上)に表示され続ける。

Mac上の通知で「再通知」ボタンを押すと、約15分後にMac/iPhone上で再通知される。
チャイムが一緒に鳴るので気づきやすい。

うっかり気が散っていても

ぽろり〜ん♪
「は!忘れていた Σ( ̄。 ̄)」

と気づける。

スティッキーズで、デスクトップに貼っておく

「スティッキーズ」は、Macに標準搭載の付箋アプリ。
デスクトップ画面に貼っておくと、パソコンをさわっている限りは常に目につく。

あとは、定期的にデスクトップ画面を見るクセを付ける訓練をすればOK。
僕のように、しょっちゅうPCを使っている人にはとても良い方法かも( ̄。 ̄)

技を身につけてカバーしよう!

1つの作業に集中できない、という症状は発達障害によるものなので、治すのは難しい。

「え?もう治らない(T-T)」
と悲観的にならずに、

「しゃーない。対策講じてカバーするか( ̄。 ̄)」
と、楽観的になりましょう(笑)

なんとか治そうとするのではなく、その症状をカバーする技を身につける。
どの障害特性にも言えることだけど、身につけておけば、障害によるミスをある程度無くせる

これからも、そんな小技を、特にITを使った小技を、ちまちま紹介していきます( ̄。 ̄)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)