発達障害の「こだわり」は「持ち味」です

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

発達障害の特性の1つとして、「こだわり」というのがある。

しかし、「こだわり」は、発達障害の持ち味と言える

参考(?)までに、僕がコンピューターに関してどんな風にこだわっているのかを書いてみたい。

もちろん、発達障害の僕にもそれはある。
コンピューター、音楽、カメラ、自転車、などなど。。。

それぞれにおいて、あれやこれやとマニアックにこだわっている。

こだわりすぎて人に迷惑をかける(そんなことあるんかいな)のはよくないが、僕の場合、コンピューターに関してそれが高じて生業とするまでになった

以下、僕の「こだわり」について、能書きをたれます( ̄。 ̄)

Macへのこだわり

僕はMacが好きで仕方がない。
Macの思想設計、使い勝手の良さ、コンセプト、外観。

どれを取っても僕にとっては非の打ち所がない。
(あくまでも、個人の好みによる見解にすぎません)

よほど気に入ってるので、Macはかれこれ20年使い続けているかな( ̄。 ̄)

朝から晩までいぢりっぱなし

文字どおり、朝起きてから夜寝るまでいぢっている(^^;)

起床したらまずMacの電源を入れる
そして音楽をかけながら、布団たたみ、着替えをする。

自宅にいる間は電源入れっぱなし
何もしてないときでも常に音楽はかけている。

1日自宅にいる日は、食事や風呂以外ではずっと何かしている。

そして寝る時も、お休みタイマーで音楽をかけながら寝る(^^;)

てなわけで、一日中さわってても、目も肩も痛くならないし疲れもしない。基本、休憩取らなくても平気。

コンピューターをいぢり出すと、「過集中」ですごくのめり込む(^^;)

コンピューター以外の仕事はやりたくない

「コンピューター以外」というか、ぶっちゃけ仕事嫌いである( ̄ω ̄;)

できれば何もせずに生活していきたいところだ。

実際にはそんなわけにはいかんので仕事するんだけど、でもコンピューターの仕事ならしてみたい

僕はいままで仕事を点々として来たけど、ほとんどすべてがコンピューターの仕事だった。

こだわりをプラスに考えよう!

こんな感じで、僕のコンピューターへのこだわりは相当ひどい(笑)

ちなみにコンピューターを始めたのは中学生。
当時学校でやっていたクラブはおもしろくなくて一学期でやめ毎日学校から帰ったらパソコンに没頭してた

クラスの同級生にオタク扱いされたこともあったが、僕はこれで食っていけるようになった

相当コンピューターバカな僕やけど(^^;)、「発達障害でよかった」とまで思っている

なので皆さん、仕事でなかったとしても、自分の持ってるこだわりを、何かの役に立てられないか考えてみよう。

「こだわり」は決して欠点ではない。持ち味だ

発達障害の一人でも多くの人が、自分の特性を活かして個性を輝かせていければ、と思っている今日この頃( ̄。 ̄)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)