就労移行支援おためし8日目(職場実習体験談)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

こんばんは。就労移行おためし通所中のXVIです( ̄。 ̄)
僕の通う就労移行支援事業所では「職場実習」なるものがあって、事業所が提携している職場に出向いて実習を行うというプログラムがあるのだ。

今日は、職場実習に実際に行ってきた利用者さんの話を聞かせてもらったよ。

「職場実習」の実際

実際に聞いた話を1つあげてみると、

  • 自分が準備した商品が棚に並んでいるのを見て喜びを感じた、「実習に行ってよかった」と思った

という感想を聞いた。

これは予想していない感想だった
行き始めはだれもが緊張するだろうが、もっと「大変だった」とか(先入観( ̄ω ̄;))いう感想を聞くものかと思っていたが、みんな楽しそうにしているのだ。

「商品が棚に並んでいる」

聞いてなるほど、と思った。
たしかに、自分がこさえたものが商品として売り出されると、何とも言えないうれしさというか、やりがいを感じるんじゃないかなぁと思った。

「職場実習」の第一印象

ちなみに僕にとって、「職場実習」の第一印象は、

緊張するところ

だった( ̄ω ̄;)

やはり、仕事の現場というのはどうも緊張するという先入観(?)がある。
長く仕事をしていないからなのか、うつによる症状なのかは分からないが。。

あるいは、僕がどこに実習に行くかはまだ先の話で分からないけど、「コンピューター関係以外の職場」に出向くことに緊張を覚えるのか。。。。

とにかく悪い先入観ばかりやね( ̄ω ̄;)
行ったら行ったで、おもしろいこともあるやろうに( ̄ω ̄;)

僕は、先入観を捨てるべき( ̄ω ̄;)

とかく僕は、悪く考え過ぎだね( ̄ω ̄;)

そりゃあ緊張もするだろうけど、「職場実習」は事業所のスタッフさんが必ずついてきてくれるから一人じゃない。
それに緊張するっていったって、最初の間だけだろう。

仕事に限らず、何か悪い考えが浮かんできても、すぐにそこで思い直すようにしたらいいんだろうね(^^;)

僕も「職場実習」行ってみたい!

いままでは「実習緊張するなぁ」ということしか考えてなかったが、まず悪い先入観を改めるようにしよう(^^;)

いいことだけを考えるようにすればいい
「おもしろい社員さんいるかな」
「どんな仕事するのかな(^^;)」
「楽しいパソコン仕事、あるかなぁ」

それによく考えたら、実習なんだし、責任の重いハードな仕事を任されるわけじゃないし、楽といったら語弊あるけど、やりがいのある楽しい仕事になるはず

それに、ブランクあるといったって、僕はいままでずっと仕事してたんだしね。。。

むしろいままでにできない経験をさせてもらえるのだから、自信に+になるはず。

まだドキドキはしているけど、楽しみにしていよう。

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)