発達障害の持ち味を生かして就職を目指す

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

発達障害と診断を受けると、障害であることをオープンにしての就労(オープン就労)をお医者さんから勧められることがある。

しかしオープン就労だと、発達障害というハンデで職業選択の幅は狭くなる。
そんな発達障害で、どんな仕事が向いているのかを考えてみたい。

発達障害の苦手な仕事

発達障害には、以下のようなことが苦手であるゆえ、できない仕事がたくさんあると判断できる( ̄◇ ̄;)

  • 複数同時並行の作業は混乱する
  • 作業の優先順位がつけられない
  • 急な予定変更は混乱する
  • 場の空気が読めない

たとえば事務の仕事はできない。
電話がかかってきて、同時に自分の事務仕事して、来客対応してと複数のことが同時に動くのでこなせない

コンビニやファミレスの店員さんの仕事なども、同じ理由で無理かと思う( ̄ω ̄;)

発達障害の持ち味を生かしての就職を

上記のような特性があるゆえ、「就職無理やん!」なんて思ってしまうかもしれない( ̄ω ̄;)

ところがどっこい、発達障害にも優れた一面はある

  • 下流工程の作業が得意
  • こだわりの熱中強い
  • 集中力が高い
  • 記憶力が強い

なので、そうじの仕事とか、プログラマーなど、1つの作業に集中する仕事が非常に向いている

しかも集中力が高い、長時間続けても効率が落ちない、などの理由で、普通の人よりもいい仕事ができると考えられる。

下流工程の作業が得意

先に言うと、上流工程の作業は発達障害には向かない

わかりやすくお城に例えると、城全体の設計(上流行程)は無理で、石垣や壁の組み立て(下流行程)は得意というわけだね( ̄。 ̄)

こだわりの熱中強い

発達障害は、こだわりが強くて、自分の好きなことにはとても熱中してしまうところがある

その熱中ぶりたるや、朝から晩までやっていても平気。たとえば僕なんかはコンピューターが大好きなので、朝起きるとともに電源を入れ、日中いぢりっぱなし、寝るときもお休みタイマーで音楽をかけて寝る、なんて熱中ぶり。

なので、自分が熱中するものが仕事にできればこれは強い。

集中力が高い

発達障害には「過集中」というのがある。
これは文字通り、ある一点のことに集中しすぎて、周りのことが見えなくなってしまう症状のこと。

周りのことに気づかなくなるのでこれはいいことではないけども、異常なまでの集中力は、仕事に転換すれば強力な武器になる。

記憶力が強い

発達障害は記憶力が強い。
人によっては、何十年も前の出来事の情景をありありと映像で覚えていて、その場に置いてあった物の色や形まではっきり覚えているらしい

まとめます(笑)

というわけで、個人差や発達障害の種類にもよるが、発達障害に向いている仕事は、

  • 下流行程の仕事
  • 同時に1つの作業しか無い仕事
  • マニュアル通りにこなす仕事
  • この条件を満たす、技術レベルの高い仕事

ルールやマニュアル通りにこなすことが発達障害(自閉症スペクトラム)は得意
かつ一人でコツコツやる仕事は向いているね( ̄。 ̄)

僕の場合、コンピューター関連の仕事をやりたいと思っているので、接客の無い、プログラマーとかネットワークエンジニアとかが向いてるかな( ̄。 ̄)
もっと簡単な仕事ならデータ入力オペレーターとか。

この記事を書きながら、僕は何の仕事が向いてるかなぁ〜と考えてた。

なかなか就職は難しいやろうけど、あまりしんどく考えず、むしろ「発達障害だからこそできる仕事がある( ̄。 ̄)」と楽観的に、肩の力を抜いて仕事を探していこう

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)