発達障害の知り合いの腰痛が治った!

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

僕の知り合いで、同じ発達障害の人がいるのだが、僕の知っている腰痛治療法を教えてあげたら、20年来の腰痛が治ったとのこと!

今までMRIで検査を受けても原因不明だったとのことだが、それが治ってしまった!

どうやって治ったん?

その治療法とは、「腰痛診療ガイドライン」というもの。
「腰痛診療ガイドライン」は、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの各国の腰痛医学会が提唱するもので、これによって多くの腰痛患者が回復しているとのこと。

これに関しては、こちらの記事でも紹介している。

精神疾患のみなさん、腰や膝や肩が痛くありませんか?

知り合いは運送業の仕事をしたいが、腰痛のためにそれができなくて悩んでおられた。
ガイドラインに沿った腰痛情報をお話しし、すっかり楽になられたとのこと

よかった!(^ω^)

どれくらいで治ったん?

わずか1日(笑)

なぜそんなに一瞬で?と思うが、これは人によってさまざまなので、だれもが1日で治るわけではない
(僕の場合は2年かかった)

ガイドラインでは、たとえば「腰痛は重いものを持つと腰に悪い」というのは何ら科学的根拠がないといわれている。
こういった「重いものは腰に悪い」という誤った情報が頭の中に入っていると、重いものを持った時に本当に腰が痛くなるというのだ。

なので、ガイドラインの正確な腰痛情報を頭に叩き込むことで、腰痛が良くなるといわれている。

なので、人によっては今回のようにすぐに治ってしまうというわけだ。この知りあいの人はとても素直だったので、ガイドラインの話がおなかにストンと落ちたということだと思う。

いくらかかったん?

0円(笑)

僕が知り合いの人に、ガイドラインの話を30分ほどしただけ。
実際には、本やDVDが出ているので、多くの人はそれを買って、読んだり見たりして治している
(今回のように、話をしただけで楽になるのはレアなケース)

この人からはお礼として、「3万円」と手書きした白い紙切れを頂きました(笑)

精神疾患でない人の腰痛にも良く効く

腰痛診療ガイドラインは、多くの腰痛患者の為に作成されたもの。
なので、精神疾患でない人の腰痛にも効果がある。

ただし、腰痛患者全体の5%は、重篤疾患の可能性のある腰痛であるといわれている。これはガイドラインでは治らない。

重篤疾患かどうかは整形外科に行けば診断できる。また、このガイドラインの本にも書かれている。

重篤疾患でないかどうかを気をつけられた上で、ガイドラインの本をお薦めいたしますm(_ _)m

TMS-Japan 代表 長谷川淳史:
http://www.tms-japan.org/
https://www.facebook.com/tms.japan.museum/

腰痛ガイドラインの本:
腰痛ガイドブック 長谷川淳史 著

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)