複数同時作業は簡略化してこなす

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

発達障害の人は複数のことを同時にこなすのが苦手(混乱してしまう)。
どれをどう手を付けたらいいのかと、あたふたしてしまう( ̄◇ ̄;)

僕は各作業を「簡略化」することで複数の作業をするようにしている。仕事では使ったことがないのだが、ちょっとヒントになるかもしれないので紹介したい。

メイン以外の作業を簡略化する

今回はわかりやすく、「台所でお茶を沸かしながら、同時に米を洗う」(笑)というのを例に説明しよう。

僕はこれを同時にやると、お米のほうに気が行ってしまい、必ずヤカンが吹きこぼれてしまう。
お米を洗うのに集中していて、ヤカンの方に目が行かなくなるのだ。

そこで、ヤカンの方を蓋を開けたままにして沸かしておくようにする。
こうすれば、お米を洗いながらでも、ヤカンの沸き具合がすぐ見えるので吹きこぼれる心配がなくなる。

つまり、メインの作業(お米洗い)以外の作業に工夫を加えて、簡略化してやるのだ
こうすることでミスを抑えることができるようになる。

そのかわり。。。

欠点として、お茶が沸くのに時間がかかってしまう、ヤカンのお茶が少し飛んでしまう、というリスク(笑)が生じる。
しかし、多めに水を入れとけばいいし、時間がかかるのも少し待てば良いだけだ。

でも、同時並行は極力避けて。。

基本的に複数同時の作業は避けることが望ましいが、どうしても。。という時はこの方法で乗り切れるかも( ̄。 ̄)

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)