節約術〜安いiPhone購入

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

失業してお金に困ってる僕らは、それでも携帯電話はなんとか持っておきたい。
今となっては携帯は必需品だし、コンピュータの好きな僕にとってはiPhone(スマホ)は今更手放せない。
今回は、できるだけ経費をかけずにiPhoneをゲットした話をしようと思う。

◯低価格の高性能なiPhoneを選択する

経費をかけずにゲットしたといっても、何か上手くプランを組んだとか、キャンペーンを利用したわけじゃない。
最近発売されたiPhoneが低価格だったため、安く上げることができたというだけのことだ。

発売されてたのは、「iPhone SE」という機種だった。このiPhoneは、旧機種であるiPhone 5Sと全く外装の形が同じだったため、同機種のパーツを流用することで低価格化を実現していた

しかも低価格ながら、高性能だった。当時の最新機種であるiPhone 6Sとほとんど同性能だったのだ。

強いて欠点を上げるならば、「画面が小さい」ということである。iPhone 5Sと同じだから、現在のiPhone7と比べればだいぶ小さい。
もっとも、僕はジーパンのポケットに入る小さなiPhoneが欲しかったので、SEで大満足なのだが。。

◯障がい者手帳を活用

障害者手帳で携帯電話使用料が割引されるのを知ってるだろうか?
携帯3社は、それぞれで携帯の割引サービスを実施している。
僕が利用しているソフトバンクでは「ハートフレンド割引」という名前でサービスが行われている。新規契約時/機種変時の契約手数料(¥3,000)無料。その他、24時間かけホーダイ、Web使用料、留守番電話サービスなどが割引になる
docomoやauもやっている筈である。
手帳を持っている人はぜひ活用してみて欲しい。

SoftBank:ハートフレンド割引

ここでひとつ心配が出てくると思う。

障害者であること、情報漏えいするのでは?

確かに昨今、携帯会社の顧客情報が流出するという事件はあった。
この件に関して、精神障害者を支援するNPOに問い合わせてみたことがあるのだが、

「情報を盗む者は大抵”金”が目的なので、カード情報などが目当てだと思います。“障害者”という情報には注目しないので大丈夫です」

とのこと。
これを聞いて、僕も安心して障害者割引を申し込んだ。

◯ほんで、いくらなの?

月額使用料は、データ通信2GB、24時間かけホーダイ、留守番電話サービス込みで約7,500円。
おうちのネットとセット割りにすればもっと安いだろうが、僕は残念ながらそれが出来ない環境だった。

それにしても、この額はそこそこ安いのではないかと思う。iPhone7 Plusなんか買った日には、月額約1万円もかかってくる。決して安い買い物ではない。

◯iPhone SEの、もっと安い購入方法

もっと安い方法がある。
Y!Mobileにて、最近iPhone SEが発売され始めた。料金は調べてないので不明だが、格安スマホなので、こちらのほうが確実に安い。

ただしこれに機種変すると、今まで使用していた携帯メール(いわゆるキャリアメール)が使えなくなってしまう。アドレスが変わったら友人に教えまくるのが手間だし、ネット上であちこちにメールアドレスを登録しているので、変更が大変(というかどこに登録したか覚えていないので無理)。

以上、安くでiPhoneをゲットした僕の経験談をお話しした。
携帯電話に関して、また何かお得情報があったら紹介ししていこうと思う。

シェアして頂けると、ブログ更新の励みになります(^ω^)

フォローすると、もれなく記事を読むことができます(笑)